Licence

新しいライセンスビジネスの利点

以前、セリーヌブランドの運営当時、アンダーライセンス販売をパリ、セリーヌと共同実施した、ライセンスに参加した企業(西川産業・レナウン・川辺など数社)社のライセンス管理部はライセンシーとのコミュニケーションは密接に動いた。短い期間で、年160億のライセンシー売上はスムーズなものだった。
キーワード販売フレーズは、「パリジェンヌそれは私のセリーヌから」だった。ステキなパリジェンヌ、パリの街すべてがモチーフでセ・パリーの分かりやすいイメージから商品製作に入った。
スポーティーエレガンスはマダムセリーヌの言葉、活きた若さに落ちついたおしゃれは、日本女性の、今も求める安定した感域。

新しく発表されたマダムセリーヌルデルマンの名を持つライセンスの感域は上質で潤いのある生活!混乱する社会、生活に感覚を失う人々に良いライフスタイルを、キーワードは「私だけの贅沢、 マドモアゼルストーリー」を指示され自分の生活に良い物を1つずつ積み重ねるパリのマドモアゼル、少しフェミニストで意味のない物は絶対買わないマドモアゼルたち。
ブランドモチーフはパリの街、マドモアゼルの手に触れるものすべて。

選ばれたライセンシーの販売する商品は違っても、マーケットは同じ、ライセンシーそれぞれ市場から受ける情報、買物動機、好みの変化、物と価格、多くの幅広い生の情報を共有するためライセンサーによる情報会議を開催、有機的相互協力を通して次の商品開発を有利にしたい。
そのためのセリーヌルデルマンワールドを提唱した。
ライセンス事業は、ライセンシー個々の営業サイズのなかで行われるため、年月がたつと、どんな有名ブランドでも、疲れが出てくるもので、最も大切なことは、個々の商品政策に対して、市場の変化に対応する情報が正しくとれているか、ライセンス管理の大事な仕事である。

 

BEFORE
NEXT


プライバシーポリシー

利用規約